#たるたび日記

刺激が欲しけりゃ馬鹿になれ

ヒッチハイク愛知→東京

f:id:fkhrhtr:20170724134427j:image

 

今日は

春休みの終わりのプチ旅の記録

愛知県から東京を目指したヒッチハイカーの話。

 

スタートは

上郷SA

f:id:fkhrhtr:20170724134046j:image

 

愛知環状鉄道通称 愛環)に乗り

永覚駅で下車し、徒歩10分...🚶‍♀️

 

今回のたるたびは上郷SAからスタートです。

 

 上郷SA→美合PA

f:id:fkhrhtr:20170724134321j:image

 

美合PA浜名湖SA

f:id:fkhrhtr:20170724134336j:image

 

飛騨からお越しのご夫婦。

孫のように可愛がっていただき、

なんと。おひるごはんを御馳走していただきました...!

帰りにはお母さま手作りのフクロウの人形までいただきました。❤

 

浜名湖SA→牧之原SA

f:id:fkhrhtr:20170724134347j:image

 

牧之原SA→静岡SA

f:id:fkhrhtr:20170724134354j:image

たるたびヒッチハイク史上初。トラックに乗る、の巻!

メロンのアイスクリーム食べてた、可愛すぎる運ちゃん。

 

静岡SA→中目黒駅

f:id:fkhrhtr:20170724134418j:image

2時間ほど、このドライバーさんにお世話になりました。

強面な方で初めは大丈夫かなーなんて心配していましたが、

すっかり打ち解けて、目的地の最寄り駅「中目黒駅」まで送っていただきました。

 

 

愛知から東京まで、5台で6時間ほど。

ぶっちゃけ普通に車で行くのと、そう変わらない??!

それほどにスムーズで、今回も今回とてたのしい旅でした!

 

 

ヒッチハイクしてると

今後、自分がドライブしてるときにヒッチハイカーに出会ったら

乗せてあげたい!って思う。

 

乗せてもらえたときの嬉しさがはんぱじゃないことを

自分が身をもって知っているから!

 

 

何事においてもきっとそうで

誰かに何かをしてあげたい、そう思うのは

そうされた経験があって、嬉しいと思った経験があるから。

 

優しさも経験からくるもの、とするならば

やっぱり「トライ」することって大事すぎるんだあって思う日々です。

 

 

ご無沙汰してます

タイトル通りです。

ご無沙汰してます。

 

今年も夏がやって来ました。

まだ、夏らしいこと1つもしてないせいか

全くもって夏気分じゃない、、

 

f:id:fkhrhtr:20170718202555j:image

 

全然更新してないんですけど

宣言通り

2017/3/1〜3/16まで、2週間ほど

アメリカとキューバに一人旅してました🤙

 

思い出写真1300枚とともに

また更新していきますね

 

 

大学入学後、毎休暇恒例で旅に出ている身ですが

今夏も、もちろん。行く先は、、、

 

 

シベリア鉄道でユーラシア大陸横断】

 

 

髪の毛わっさーーーしたい (伝わらない)

ってことで、🇷🇺ロシア横断🇷🇺

ついでに🇸🇪スウェーデン🇸🇪も!

 

ということで

最近個人的にハマってる2カ国攻めで

今夏も楽しみます。ワクワクワクワクʕʘ‿ʘʔ

 

行こうと思った理由は2つあって

 

ロシアいったことないくせに

ユーラシア大陸行ったことあるとか

言ってられないなーって思ったのと

 

f:id:fkhrhtr:20170718203224j:image

 

兵庫県淡路島にある

ONOKOROパークで見た

聖ワシリー大聖堂を自分の目で見たいなーって思ったのが

次なる目的地をロシアに定めた理由です。

 

 

2017/9月の2週間くらい、ロシアにいます。

ウラジオストクからサンクトペテルブルクまで。

 

現地で合致するのとか大好きなんで

もし同じ期間に滞在する人いたら会いましょう❤︎

 

ロシアのおもろい情報あったら下さい。

利子(お土産)付きで貢ぎます。

 

 

、、、気分で。

 

NYの美術館が任意の入場料で入れるって話。

 

NYといえば、アートの街。

たくさんの美術館やら博物館やら。

 

さいきんでは、museum of sexなんていう、破廉恥なmuseumまで!

(でも友達曰くけっこう考えさせられる内容だとか。私は行ってないけど。)

 

 

museumっていったら、やっぱり気になるのは入場料。

どこ行っても高いんですよね。これがまた。

まあ高くてもせっかくだから行くんやけどさ。

 

 

そんなmuseumですが、NYにはどうやら任意の入場料で入れるところがあるらしい!

 

 

その中で私は

①MET(メトロポリタン美術館

②アメリカ自然史博物館

に行ってきました。

 

①MET(メトロポリタン美術館

f:id:fkhrhtr:20170317225405j:plain

www.metmuseum.org

 

 

映画「ゴシップガールgossip girl)」にも出てくるみたい。

知ってる人は知っているこの階段。

SATCと同率で、ずっと見たいなーと思ってる映画。時間のある春休みに見よーと。

 

こちらの美術館、通常入場料は大人$25なんですが

これはあくまでも、Recommended推奨価格。

 

実際は、受付で、「いくら払いますか?」と聞かれます。

そこで、「1$でもいいの?」って聞いたら、「もちろんだよ~!」ってナイススマイルでお兄さんが言ってくれました。

なので、私は1$で入れました◎How lucky!!

 

 f:id:fkhrhtr:20170317232615j:image

日本語ガイドあります。うれしい!

 

フェルメールの絵がここのmuseumだと有名かな!

私はここでアメリカン絵画でカウボーイとかインディアンが描かれた絵を見て、地域によって描く絵って違うんだ!そりゃそうか!と、恥ずかしながら初めて気づきました(笑)

イメージ的に絵画といったら、ヨーロッパをイメージしていて、キリストや貴族の絵ばかりを今まで見てきたから、すごく新鮮だった!

 

すごく広いので、じっくり見ようとするとめっちゃ時間かかります(笑)

でも色んな地域のものがあったので面白かった!

 

 

②アメリカ自然史博物館

f:id:fkhrhtr:20170317231456j:plain

American Museum of Natural History

 

「ナイトミュージアム」ですね!

 

大学の友人の影響ではまりだした恐竜さんが、ここにはたくさんいてテンションあがりました。METよりこっちのが私には合っているかも( ˘ω˘ )

f:id:fkhrhtr:20170317232657j:image

 

ここも推奨価格は大人22$ですが、任意なのでいくらでもOK

私は1$で入りました。❤

 

ただ、この博物館、チケットを買う場所が「カウンター」と「自動機械」の2種類あるのですが、任意の値段でチケットが変えるのは「カウンター」のみ!

 

卒業旅行らしき日本人4人組が、機械で買っているのを見て、あ~~~~!めっちゃ教えてあげたい!と思うも束の間、みんなチケットお買い上げ。。。

抑えるところは抑えないと、物価の高いNYではお金が一気に吹き飛びます。。。(笑)

 

 

f:id:fkhrhtr:20170317232716j:image

 

こうやって絵を描いてる人がたくさんいました。みんなすごい上手。

 

冬のNYは寒い日が続くので、ゆっくりmuseumめぐりもありですね☝

 

NYに泊まるならここ!!


3/16にトータル1時間40分おくれでNYから日本に帰ってきました、ほたるです。

到着予定21じの時点で遅いのに、そこからまた遅れちゃうんだもの。電車ギリギリ。
終電で帰宅してあったかいお風呂に、納豆ご飯と肉じゃがを食べて、日本すてき。

 

さてこの春休みは、
16日間アメリカ(NY、BOSTON)とキューバを旅してきました。


その時にお世話になったNYの宿を今回は紹介します。


①the LOCAL NYC

f:id:fkhrhtr:20170317220249j:plain

 

クイーンズにあるこのホステルに3泊お世話になりました。

thelocalny.com

 

私は、female 4bedのドミトリーに泊まりました。

二段ベッドが2つ。
その下に1人ひとつ、大きなロッカーが用意されています。

(フロントでお願いすると、南京錠を貸してくれました。これで安心!)

 

お部屋にバストイレがあって、どちらも清潔感がありました。

しかもちゃんと別になってるんです!!!(バストイレ別って、感動しません?笑)

フロア共同のバストイレもありましたが、私は部屋のバストイレしか使っていないので、そっちの状況はあまりわかりません。(笑)

備え付けのシャンプーリンス等は無いので、持参しましょう☝️


1階のフロントにbarがあります。一般の方も利用できます。
checkinの時に、「1ドリンク券」を貰えて、それをbarに持って行ってドリンクと交換できます◎

f:id:fkhrhtr:20170317223013j:image


ちなみにアメリカではお酒は21歳から、なので20歳の私はお酒は飲めず…
夜の時間はアルコールのドリンクしかないよ、と言われたので朝の時間にホットコーヒーを貰いました。うま!

 f:id:fkhrhtr:20170317222917j:image

 

共有スペースではPCも自由に使えますし、

誰か日本人が寄付したのであろうNYの「地球の歩き方」も置いてありました!

 

1回5$で洗濯機も利用できます。乾燥までしてくれる。

(私はバケツ持参で手洗い派だけど。)

 

 

②International Student Residence(ISR)

f:id:fkhrhtr:20170317220733j:plain

 

こちらはブルックリンにある宿です。

私は、合計で6泊お世話になりました。

 

theLOCAL NYCよりも、ISRの方が宿代は10~15$くらい安かったです。

(たぶん時期によると思うけど。連泊するとさらに安い。)

 

female2bed

female4bedで2タイプのお部屋に泊まりました。

 

2bedの時は、幸か不幸かルームメイトがいなかったので、ひとりで2つのbedを占領していました(笑)

4bedの時は、ほかに2人ルームメイトがいたので楽しく過ごせました。

 

バストイレは、フロアで共同です。

シャワーが3つ(左側)、トイレが3つ(右側)こんな感じでありました。

f:id:fkhrhtr:20170317222927j:image

 

どちらも毎日掃除されていて、清潔でした◎

備え付けのボディーソープがここにはあります。シャンプーリンスは無いので持参☝

 

宿のすぐ前を電車が通っているので、多少雑音はあります。うるさいと寝られない人にはきついかも、、、(NYの電車は24時間走ってるので)

一応フロントで耳栓をfreeで配ってるので、それで耐えましょう!

私はどこでも寝れるので気づいたらいつも寝てたけど。(*´ω`*)

 

共用スペースには、ビリヤードや卓球台があって交流できるスペースもありました!

(私は見てただけだけど笑)

f:id:fkhrhtr:20170317224331j:plain

 

 

どちらの宿にも言えることは

◎部屋がしっかりカードキーでロックされていました!

(ドミトリーにカードキーとか存在しないと思ってた人←)

 

◎電車の駅もスーパーも近くにあるので安心。

theLOCALの方は、最寄り駅の近くにDunkin Donutsあるし

ISRの方は、マクドナルドあるし、チェーン店の裏切られないこの安心感(笑)

 

◎キッチンが使えるので、夜は自炊して節約&宿泊者と交流( ˘ω˘ )

毎日パスタつくってました。パスタソースがアメリカンサイズすぎて、とりあえず使い切るのに必死(笑)日本でちゃんと自炊してレパートリー増やそうって思いました。(白目)

 

どちらの宿も、マンハッタン島にはないので、少し郊外にはなるけど、電車に乗ったらマンハッタンまですぐ出れるし、

何より宿代が高いNYの中で底値の価格で泊まれるので、ぜひNYへ行く際は泊まってみてください♪

 

 

(続)ヒッチハイク愛知→静岡→愛知

(続)ということで

復路について書きます✍️

 

 

目的地、[三保松原]でたくさん富士山を拝んだ後

さあ帰ろう!と思う私に悲劇が。

 

 

手袋がなーーーーい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

1月半ば、なかなか寒かったこの日。

しかもこれから夜になって冷えるというのに、手袋をなくすという痛恨のミス。

 

(もし誰か三保松原で手袋みつけたら、私の代わりに使ってあげて下さい…。ちなみに黒色(誰得))

 

 

静岡に遊びにきた目的が実はもう1つありました。

それは、

[さわやか]でハンバーグを食べること❤︎❤︎❤︎

 

 

往路の車の中で、さわやか食べたいんですよね〜ってゆったら

 

静岡ICの近くにさわやかがあるよ!

そこからなら高速に乗る人も多いと思うし、帰りはそこに寄りな(^○^)

 

とアドバイスを貰っていました。

 

まずは三保松原を抜け出して人通りの多いところへ行こう!と思い

 

[清水駅 静岡駅]と掲げて、

三保松原を去る車にひたすらアイコンタクトを送り

 

20分ほど経った頃かな?

ひとりのおじさまが、駅まででいいなら乗っていきな!と乗せてくれました(^○^)

 

 

f:id:fkhrhtr:20170224174242j:image

 

復路1台目

 

 

この方、若い頃に私と同じバックパッカーをしていたそうで

旅にも出たし、留学もワーホリも経験しているというツワモノ!!!

 

旅の話で盛り上がりました(^○^)

やっぱり旅経験の豊富な人の話を聞いているのはとても面白いし、色んな経験を経てその人の考え方が創られているのでその考え自体も深くて。すきです〜〜

 

 

おじさまに、どこまで行くの?と言われて、

名古屋にこれから帰るのですが、帰る前にさわやかでハンバーグを食べようと思って!

と伝えると、どこの店舗に行きたいの?ときかれ

静岡ICの近く と伝えたところ、なんとそこまで送って下さることに∑(゚Д゚)

 

 

念願のさわやかに到着できました❤︎

 f:id:fkhrhtr:20170224180344j:image

 

f:id:fkhrhtr:20170224174658j:image

 

たぶん王道であろう「げんこつハンバーグ オニオンソース」を食しました❤︎うま❤︎❤︎

 

 

たらふく食べたところでヒッチハイク再開!

あとは帰るのみ٩( ᐛ )و

 

 

ただ、私の大嫌いな下道スタートのヒッチハイク……

 

ICの入り口近くやと、車も止まるに止まれないし

街灯の近くじゃないと暗くて見えないし。

 

夜の下道ヒッチはなかなか大変でした(T ^ T)

 

 

試行錯誤の結果、静岡ICから徒歩で少し離れ、

交差点の近くのガソリンスタンドで待つことに!⛽️

 

 

ここなら声をかけてもらえる可能性も高いはず!

と期待して待つこと20分ほど

 

仕事帰りのおじさまが、

ヒッチハイクしてるの?どこまで?

と声をかけて下さいました!

 

最終目的地は名古屋までだけど、その方面ならどこでも!と伝えると

浜松へ帰る途中だったようで、[浜松]まで乗せていただきました。

 

 

f:id:fkhrhtr:20170224175036j:image

 

復路2台目

 

 

静岡ならでは、二輪車メーカー関係のお仕事をされているとのこと。

さわやかでハンバーグを食べてきたことを伝えると、さわやかの元となるお店「パピオット」が浜松にあるよと教えてもらい、そこのハンバーグも食べてみな!とオススメされました(^○^)

 

つぎ静岡に行くときは、パピオットに行ってみます♪

 

 

浜松でおろしてもらって

ボードを掲げていたところ

この2台目のおじさまが

せっかく浜松に来たならうなぎパイお土産で持って帰りな!と

わざわざ買ってプレゼントをして下さいました∑(゚Д゚)神なのか……

 

帰宅後、母と美味しくいただきました❤︎

 

 

ボードを掲げて待つこと

どのくらいだったかな…あんまり長くはなかった!

 

f:id:fkhrhtr:20170224175447j:image

 

浜松旅行帰りの夫婦に名古屋まで乗せていただきました!(撮影は旦那さま)

 

 

復路3台目

 

 

どうやらこの夫婦

浜松餃子を食べにきたら、お店が閉まっていたのだとか……お目当てが食べられず、残念がっていました……(笑)

 

 

そんなこんなで

帰りは3台3時間ほどで

 

無事に愛知県に到着できました(^○^)

 

 

今回までのヒッチハイクで学んだことは

 

f:id:fkhrhtr:20170224175751j:image

 

 

目的地を明確に書かなくても車は止まってくれる!

乗せてもらった後に、目的地を話し交渉すればどんどん前に進める!ということです(^○^)

 

 

むしろ、○○まで!よりも、次のSAまで!の方が、ドライバーさん的にも乗せやすいのかもしれないなあと思いました。

 

 

春休みは名古屋から東京までヒッチハイクで行く予定です!

何時間かかることやら……

それもまた楽しみです(^○^)

 

 

 

ヒッチハイク愛知→静岡→愛知

 

そうです!

ついに、往復でヒッチハイクをしてみようと!

 

そして今回は、1人で。

冬休みのある1日。とくに用事もなく暇だったので

富士山でも見に行くか!と思い立ち

[三保松原]に行こうときめました!(^○^)

 

 

今回は

愛知県の刈谷ハイウェイオアシスからのスタート

 

観覧車が有名なあのSAですね!

 

刈谷駅から、ハイウェイオアシスまで無料のシャトルバスが出ているとのことだったので、

今回はバスで高速に上がりました🚌🎡

 

平日というのもあって

車は多いんやけどお仕事中の人ばかり

 

[東へ 次のSAまで]と書いて
刈谷で待つこと40分……

 

f:id:fkhrhtr:20170223141254j:image

 

1台目

自営業を営むお父さん!

息子さんが私と同い年、とのことでした。

名古屋で仕事をしており、東京は帰る途中だったらしく

 

どこまでがいい?って言われた時に

東京までってことは、富士山までも1台でこのまま行けてしまう!と思ったけど

 

ヒッチハイクの面白いところは

いろんな人と話せること!やと思ったから

 [浜松]まで乗せてもらうことにしました(^○^)

 

この方も若い頃はよく旅をしていたそうで、

いまでも全国各地に行く機会が多いことを機に

御朱印集めをしているそう⛩

若い頃は色んなことに挑戦しなね!と背中を押してもらいました。

 

 

2台目は、伊勢旅行帰りの夫婦! 

 

f:id:fkhrhtr:20170223142318j:image

 

奥さんが、なんと

[声でその人がみえる]という!

何も話していないのに、ズバズバ当てられて

もうびっくり(゚∀゚)驚きしかなかった(゚∀゚)

 

わたしはパワーストーンをいつもつけてて、目に見えないものを信じている、というよりもアクセサリー感覚でつけてるんやけど、たまたまこの日は忘れてしまって身につけてなくて。

 

だけど、奥さんに、あなたパワーストーン普段もってるでしょ?石が汚れてるから浄化してあげなさい。って「ホワイトセージ」という浄化するためのハーブ?を頂いた!

(もらったときは、大丈夫か?とおもったけど、調べてみたら知ってる人は知ってる有名な浄化剤だった!)(おかあさんと一緒に浄化しました)

 

[静岡]まで乗せていただきました!

 

静岡SAからどうしようか迷ったんですが

 

静岡まで来れたことが嬉しくて、

とりあえずどこか駅まで送ってもらって

三保松原まで行こうかなと思い

SAから下道に徒歩でおりることにしました。

 

 

[静岡駅 清水駅]と掲げながら車の通りもほぼない道を歩く歩く。おわったかも。とりあえず歩く。

 

 

 

そしたら1台の車が!

f:id:fkhrhtr:20170223144641j:image

 

3台目、営業中のおじさん!

1度わたしを通り過ぎたけど、気になってわざわざ折り返して来てくれたとのこと(T ^ T)

 

まじで車の通り少なかったから、救われた!

諦めずに掲げて歩いててよかった(T ^ T)

 

ちかくのコンビニに寄って、わざわざ私の分のコーヒーも買ってくださって、神様でした(T ^ T)

 

 

若いっていいなあ、と言われたので、

じゃあ、もし昔に戻れるとしたらやり直したいことありますか?って聞いたら

 

転職しなきゃあよかったなあ。って。

 

何かしら縁あって就職したんだから、あそこでもっと頑張れば良かった。って。

 

大人のリアルな声をきけて、すごく身に染みました。

わたしは、有難いことに、自分自身のやりたいことも既に見つかっているし、将来もわりと現実的に夢も交えて考える機会を貰えています。

信じた道を後悔のないように進んでゆきたいものです。

 

 

最終目的地を三保松原と伝えていたので、

三保松原方面へ向かう道路沿いのコンビニでおろしてもらいました!

 

 

ただ、そこのコンビニで店員さんに聞いてみたところ

 

ここの道路はたぶん三保松原いくひと通らないんじゃないかなあ、しかも今日平日だし。

 

って、心おられる一言。(笑)

頑張れば歩いても着くよ!とは言われたし、道も地図を照らし合わせながら教えてもらい

 

気を取り直して、いざ[三保松原]へ!!!

ボードを掲げて歩くこと10分。

 

 

またも神様に出会えました。

4台目は三保松原へ釣りしに向かうおじさん!

 

f:id:fkhrhtr:20170223145804j:image

 

この辺、あんまり三保松原行きの車いないでしょ?!1回通り過ぎたんだけど、心配でかえってきた!と言ってくださいました(T ^ T)

 

どんぴしゃで目的地まで連れて言ってくださる車に出会えて、

4台4時間ほどで

 

無事………

 

 

f:id:fkhrhtr:20170223145941j:image

 

 

三保松原で富士山を拝めました〜〜!!

 

 

富士山を生で見るのは2回目。

思ってた以上に大きくて、富士山てこんなにもおっきかったっけ???

 

どうやら山梨からの富士山と静岡からの富士山は違うみたいですね。

静岡県民の方はやっぱり、「静岡からの富士山のが絶対かっこいいで。」って口を揃えて言ってました(^○^)

 

 

自分の目で、山梨からの富士山も見てみたいものです。

 

f:id:fkhrhtr:20170223150312j:image

 

 

よき景色でした。日本の誇り、富士山!!!

 

 

(続)

ヒッチハイク愛知→富山

 

ということで、富山までいってきました!

 

🚘👍

 

f:id:fkhrhtr:20170223130731j:image

 

愛知県の[東郷]というSAからスタートをしました!

 

このときは

TABIPPOという学生団体に所属していて

「TABEER🍻47都道府県乾杯ツアー」の運営のために

はるばる富山へ!!(^○^)✊❤️

 

愛知県から富山県へ行く方法は

 

>>東海北陸自動車道 3h10m

 (愛知→岐阜→富山)

>>北陸自動車道 3h40m

 (愛知→三重→滋賀→京都→福井→石川→富山)

 

の2通りがあるみたいで。

東海北陸自動車道の方が、確実に近道やし時間も30分短い。

 

ただ、ヒッチハイクをするということは

やっぱり車の通りが多い方が成功しやすい……

車の通りでゆったら、北陸自動車道のが多いってネットに書いてあったし…。

 

時間を取るか、可能性の高さを取るか。

悩みに悩んで、初めに乗せてもらうドライバーさんに任せてしまえ!(笑)と、考えることを放棄しました(^○^)

 

 

東郷SAは下道から徒歩で上ることができるため、高速に乗った状態でスタートができる!

ただ、交通量はあまり多いとは言えなかったです…。

 

しかも私たちは1度に同じ場所から4組がスタート!冷静に、あほやったと思う。(笑)

わたしたちは、女子2人でペアを組んでスタートしました(^○^)

 

 

どのくらい待ったか、覚えていないけど、1時間くらいかな…?なぜ東郷からはじめたんや…と後悔に苛まれていたときに赤ちゃんを乗せたお母さんが、

「女の子2人でヒッチハイク?!あぶないから、のっていきな!」と声をかけてくれました。(T ^ T)

お母さんという立場上、放っておけないと思ったらしく。すごく心配をして下さいました(笑)

 

女3にん(+赤ちゃん)ということもあって、車内ではガールズトークが弾んで、結婚観とか人生観について短い時間でしたが語りました!いろいろあったけど今が幸せやと言ってました。そういえる人生を歩みたいなあ

 

 

[写真撮り忘れた…]

川島SAまで乗せてもらいました!

 

 

2台目は忘年旅行のために関西からこちらにきていたサラリーマンさんたち!

f:id:fkhrhtr:20170223133049j:image

 

学生時代、鳥取砂丘にデートしたときに、はしゃいでいたら砂丘に車のキーを落としてしまって、探すも見つからずとりあえず彼女を電車で返してひとり鳥取に残り、近くの売店に行ったら優しい誰かが鍵を拾って届けてくれてて、本人は無事帰れたらしいんやけど、もちろん彼女にはふられた

っていうドライバーさんの話がばかおもしろかったwww

 

っていう思い出。(笑)

ひるがのまで連れてきてもらいました!

 

f:id:fkhrhtr:20170223133408j:image

 

 

3台目は旅行中の夫婦!

 

f:id:fkhrhtr:20170223133446j:image

 

(城端って、じょうはなって読むんやで)

 

すごい落ち着いた2人で、車内しずかやったなあ。ちょうど紅葉が綺麗な時期で、車窓から見える景色がめちゃ綺麗だった!🍁

 

 

ここで事件が起きた!!!!

 

 

おろしてもらった場所

(城端じゃないどこか、超ローカル。どこやったか忘れた)

まじで何もない!車も3台とかしかない!

 

おわった。せっかく富山まで入ったのに

ここから下道に降りるのに、一体何時間かかるんや……と、絶望を感じていた(冷静に失礼)

 

ら。

 

絶望じゃなかった!むしろ希望!

ここまで連れてきてくれたドライバーさんが、止まってた車に声をかけてくれて

 

この子たちが[富山駅]まで行きたいらしいんだが、連れて行ってやってくれんか?

とお願いをしてくれるという、神様……(T ^ T)

 

そのおかげで、最終目的地[富山駅]まで連れてってくれる方を見つけることができ。

 

f:id:fkhrhtr:20170223134622j:image

 

 

無事に4台6時間で、愛知から富山へ

たどり着くことができました!

 

4台目の夫婦は、おじいちゃんが認知症みたいで、おばあちゃんが昔デートしたところに一緒に行こうゆって、京都から来ていたらしい。

「じいさん、覚えとる?この道、昔も通ったなあ」っておばあちゃんが言ってるのを見て、2人のような関係ほんとうに素敵やなあってほっこりした。憧れる。

 

 

f:id:fkhrhtr:20170223135014j:image

 

AMAZING TOYAMA!!!!!

 

富山めちゃいいとこだった。

はじめて行ったけど、すごい楽しかった。

(また富山の記事も書くね)

 

場所もそうやけどそれより、一緒に旅したメンバーがおもしろくて、旅って[誰と行くか]もとっても大事な要素だなあって。

 

 

思うわけです。