#たるたび日記

刺激が欲しけりゃ馬鹿になれ

何かすべき。その考え方は捨てた方がいい。

前回に引き続き、インタビュー記事の備忘録。

レポート②

 

―日本での経歴を教えてください。

赤十字系列の大学で看護を学び、付属の病院で看護師として4年間勤務していました。

 

 

―Japan Heartに参画しようと思ったきっかけを教えてください。

海外に行きたいとはずっと思っていました。
赤十字系列の病院で働いており、そのような登録はしていたのですが、4年間の奨学金生が終わったときに今すぐに行きたいという想いが強まりました。
他の団体に比べてJapan Heartは参加するためのハードルが低く、また「看護師」としての資格を生かした働き方が出来る点に惹かれて、参加することを決めました。

 

 

―どうしてこのタイミングで参加することを決めたんですか?

実は、就職する時に『5年』は同じ場所で働くと決めていました。というのも、5年間働いて、やっと十分な経験が得られると思っていたからです。次のステップへ進むことを考えたときに、臨床経験が「3年」か「5年」かどちらかの規定が多いのも5年働くと決めた理由のひとつです。
ただ、4年目の終わりに、施設の移動があって新たな場所で働き始めることになったんです。その時、新たな環境に慣れる前に挑戦するなら今なんじゃないかと思いました。4年目から5年目の1年間を、自分の決めた「5年働く」というルールに囚われて踏ん張ることに必要性を感じなくなっていました。それよりも何よりも、「挑戦したい」気持ちが強かったですね。

 

 

―ここにきて感じたことなどがあれば教えてください。

元々、途上国支援がしたくて医療者になりました。
来るまでは、「やるべきこと」や「やらなければいけないこと」がたくさんあると思っていたのですが、来てみて「自分に出来ることは実は何もない」ということが分かりました。
何のためにここにいるのか。何のための活動なのか、ということを考えるようになり、自分の中のある想いに気づきました。それは「人のため」でありたい、ということです。
それからは、途上国支援のために、ではなくて、患者さんのためにやれることは何かと考えるようになりました。すると、自分の出来ることが少しずつ見え始めました。直接患者さんに看護をするだけでなくて、ガーゼを折って準備することだったり、掃除をして病院内を綺麗に保つことだったり。
研修に参加して、考えるきっかけをたくさんもらい、国際協力をやる者としての在り方、みたいなものを身をもって考えることが出来ました。

 

 

―帰国後の展望などがあれば。

Japan Heartのアドバンスドナースとして、海外での勤務を希望しています。
もちろん、日本にいたいとも思います、家族もいますし。だけど「人のためでありたい」と自分の中で決めたので。
あとは、海外にいる方が単純に自分の感性が刺激されるというか。「もう少しここで頑張りたいな」という気持ちですね。

 

 

以上、長期看護研修に参加されているお二人のインタビュー記事でした。

 

迷いながらも進むこと

現在、とあるNGOで海外インターンをしています。
そこで出会うスタッフさんにインタビューをさせて頂きました。
 
活動レポートとして掲載予定ですが
備忘録として、自分のブログにも綴ろうと思います。
 
 

レポート①

―研修に参加されるまでの経歴を教えてください。

地元の赤十字病院で4年間、外科で看護師として働いていました。

大学の系列の病院で、奨学金生だったのでそこに就職をしました。選んだ、というよりも、行くべくして行った、という表現の方がより近いですね。

ただ、僻地医療にも興味があったので、ローカルの病院で働くのは面白そうだなという想いもありました。

 

 

―なるほど。たくさんある職種の中で、なぜ「看護師」を選んだんですか?

女性でも独り立ちできる職業に就きたい、という想いがあって、進路選択のときには看護師と検査技師とで迷いました。

「人と関わりたいな」という気持ちが強かったので看護師になることを選びました。

 

 

―Japan Heartに参画したきっかけを教えてください。

女性でも独り立ちできる職業に就きたい、という想いがあって、看護師と検査技師とで迷いました。

その中で、「人と関わりたいな」という気持ちが強かったので看護師になることを選びました。 

 

 

―どうしてこのタイミングで参加を決めたんですか?

ずっと海外に行こうとは思っていました。大学を卒業して、奨学金生としての4年間の勤務が終わったとき、「どこにでも行ける」と思い立ったタイミングで研修に参加することを決めました。「自分には何が出来るのか」「出来ない自分のままで行って役に立てるのか」などの疑問があったため、ボランティアではなくて研修としての参加を選びました。

 

 

―ここで感じたことを教えてください。

「立ち止まること」が大切なんだと。ここにきて、自分はグレーが嫌いだったということに気付けました。白黒をつけるというより、迷いながらも進むことが大切なんだな、悩んでもいいんだな、と思うようになりました。
また、独りよがりになってはいけないなと感じました。

 

 

―帰国後の展望について何かあればぜひ。

訪問看護」を学びたいです。家で過ごしたいのに色々な事情で帰れない人とかいるじゃないですか。そういう人が安心して家で過ごせるようにサポートが出来たら良いな、と今は考えています。

 

 

安い航空券の見つけ方

世界をふらふらと旅してると

よく友人から

 

「なんでそんなにお金貯まるの?」

と言われます。

 

あまり普段散財せずに

旅行のために貯めてる!というのもありますが

 

"SKYSCANNER"

ってアプリご存知ですか??

 

f:id:fkhrhtr:20170807173308j:image

 

その路線で1番安い航空券を見つけてくれる

有能アプリちゃんです。

たぶん、利用してる人もたくさんいますよね(^O^)

学生の身分でそんなにお金に余裕もないので…🤦🏻‍♀️

いつもSKYSCANNERを使って格安航空券を手に入れております。

 

 

希望の発着場所と期間をいれると

パパッと航空券を探してくれます。ほんとうに楽チン🌼

日付ごとに1番安い価格を表示してくれるので、

それを見ながら、どの日に出発すると1番安く飛べるのかよく考えています🛩

 

さて、購入する航空券が決まったら

 f:id:fkhrhtr:20170807174731j:image

 

早速、予約していきましょう♪となるわけです。

ぜひ使ってみてください。

 

今回わたしは

関西国際空港ウラジオストクの片道を購入したのですが、

 

f:id:fkhrhtr:20170807174048j:image

 

カードで決済するとなると

厄介なのが手数料ですよね。

 

この”Travelgenio”を使うと

日本人の多くの人が利用している

VISAカード

◎masterカード

での決済はだいたい2500円ほど手数料がかかります。

 

なのでそう思うと、

手数料のかからない"expedia”を使った方が

同じ航空券でも、より安く購入できます。👩‍❤️‍👩

 

 

世界はどんどん身近になってます。

 

あなたは、まだ日本で燻ってるの?

人生を旅で豊かにしませんか。

 

f:id:fkhrhtr:20170807174646j:image

 

 

ヒッチハイク愛知→東京

f:id:fkhrhtr:20170724134427j:image

 

今日は

春休みの終わりのプチ旅の記録

愛知県から東京を目指したヒッチハイカーの話。

 

スタートは

上郷SA

f:id:fkhrhtr:20170724134046j:image

 

愛知環状鉄道通称 愛環)に乗り

永覚駅で下車し、徒歩10分...🚶‍♀️

 

今回のたるたびは上郷SAからスタートです。

 

 上郷SA→美合PA

f:id:fkhrhtr:20170724134321j:image

 

美合PA浜名湖SA

f:id:fkhrhtr:20170724134336j:image

 

飛騨からお越しのご夫婦。

孫のように可愛がっていただき、

なんと。おひるごはんを御馳走していただきました...!

帰りにはお母さま手作りのフクロウの人形までいただきました。❤

 

浜名湖SA→牧之原SA

f:id:fkhrhtr:20170724134347j:image

 

牧之原SA→静岡SA

f:id:fkhrhtr:20170724134354j:image

たるたびヒッチハイク史上初。トラックに乗る、の巻!

メロンのアイスクリーム食べてた、可愛すぎる運ちゃん。

 

静岡SA→中目黒駅

f:id:fkhrhtr:20170724134418j:image

2時間ほど、このドライバーさんにお世話になりました。

強面な方で初めは大丈夫かなーなんて心配していましたが、

すっかり打ち解けて、目的地の最寄り駅「中目黒駅」まで送っていただきました。

 

 

愛知から東京まで、5台で6時間ほど。

ぶっちゃけ普通に車で行くのと、そう変わらない??!

それほどにスムーズで、今回も今回とてたのしい旅でした!

 

 

ヒッチハイクしてると

今後、自分がドライブしてるときにヒッチハイカーに出会ったら

乗せてあげたい!って思う。

 

乗せてもらえたときの嬉しさがはんぱじゃないことを

自分が身をもって知っているから!

 

 

何事においてもきっとそうで

誰かに何かをしてあげたい、そう思うのは

そうされた経験があって、嬉しいと思った経験があるから。

 

優しさも経験からくるもの、とするならば

やっぱり「トライ」することって大事すぎるんだあって思う日々です。

 

 

ご無沙汰してます

タイトル通りです。

ご無沙汰してます。

 

今年も夏がやって来ました。

まだ、夏らしいこと1つもしてないせいか

全くもって夏気分じゃない、、

 

f:id:fkhrhtr:20170718202555j:image

 

全然更新してないんですけど

宣言通り

2017/3/1〜3/16まで、2週間ほど

アメリカとキューバに一人旅してました🤙

 

思い出写真1300枚とともに

また更新していきますね

 

 

大学入学後、毎休暇恒例で旅に出ている身ですが

今夏も、もちろん。行く先は、、、

 

 

シベリア鉄道でユーラシア大陸横断】

 

 

髪の毛わっさーーーしたい (伝わらない)

ってことで、🇷🇺ロシア横断🇷🇺

ついでに🇸🇪スウェーデン🇸🇪も!

 

ということで

最近個人的にハマってる2カ国攻めで

今夏も楽しみます。ワクワクワクワクʕʘ‿ʘʔ

 

行こうと思った理由は2つあって

 

ロシアいったことないくせに

ユーラシア大陸行ったことあるとか

言ってられないなーって思ったのと

 

f:id:fkhrhtr:20170718203224j:image

 

兵庫県淡路島にある

ONOKOROパークで見た

聖ワシリー大聖堂を自分の目で見たいなーって思ったのが

次なる目的地をロシアに定めた理由です。

 

 

2017/9月の2週間くらい、ロシアにいます。

ウラジオストクからサンクトペテルブルクまで。

 

現地で合致するのとか大好きなんで

もし同じ期間に滞在する人いたら会いましょう❤︎

 

ロシアのおもろい情報あったら下さい。

利子(お土産)付きで貢ぎます。

 

 

、、、気分で。

 

NYの美術館が任意の入場料で入れるって話。

 

NYといえば、アートの街。

たくさんの美術館やら博物館やら。

 

さいきんでは、museum of sexなんていう、破廉恥なmuseumまで!

(でも友達曰くけっこう考えさせられる内容だとか。私は行ってないけど。)

 

 

museumっていったら、やっぱり気になるのは入場料。

どこ行っても高いんですよね。これがまた。

まあ高くてもせっかくだから行くんやけどさ。

 

 

そんなmuseumですが、NYにはどうやら任意の入場料で入れるところがあるらしい!

 

 

その中で私は

①MET(メトロポリタン美術館

②アメリカ自然史博物館

に行ってきました。

 

①MET(メトロポリタン美術館

f:id:fkhrhtr:20170317225405j:plain

www.metmuseum.org

 

 

映画「ゴシップガールgossip girl)」にも出てくるみたい。

知ってる人は知っているこの階段。

SATCと同率で、ずっと見たいなーと思ってる映画。時間のある春休みに見よーと。

 

こちらの美術館、通常入場料は大人$25なんですが

これはあくまでも、Recommended推奨価格。

 

実際は、受付で、「いくら払いますか?」と聞かれます。

そこで、「1$でもいいの?」って聞いたら、「もちろんだよ~!」ってナイススマイルでお兄さんが言ってくれました。

なので、私は1$で入れました◎How lucky!!

 

 f:id:fkhrhtr:20170317232615j:image

日本語ガイドあります。うれしい!

 

フェルメールの絵がここのmuseumだと有名かな!

私はここでアメリカン絵画でカウボーイとかインディアンが描かれた絵を見て、地域によって描く絵って違うんだ!そりゃそうか!と、恥ずかしながら初めて気づきました(笑)

イメージ的に絵画といったら、ヨーロッパをイメージしていて、キリストや貴族の絵ばかりを今まで見てきたから、すごく新鮮だった!

 

すごく広いので、じっくり見ようとするとめっちゃ時間かかります(笑)

でも色んな地域のものがあったので面白かった!

 

 

②アメリカ自然史博物館

f:id:fkhrhtr:20170317231456j:plain

American Museum of Natural History

 

「ナイトミュージアム」ですね!

 

大学の友人の影響ではまりだした恐竜さんが、ここにはたくさんいてテンションあがりました。METよりこっちのが私には合っているかも( ˘ω˘ )

f:id:fkhrhtr:20170317232657j:image

 

ここも推奨価格は大人22$ですが、任意なのでいくらでもOK

私は1$で入りました。❤

 

ただ、この博物館、チケットを買う場所が「カウンター」と「自動機械」の2種類あるのですが、任意の値段でチケットが変えるのは「カウンター」のみ!

 

卒業旅行らしき日本人4人組が、機械で買っているのを見て、あ~~~~!めっちゃ教えてあげたい!と思うも束の間、みんなチケットお買い上げ。。。

抑えるところは抑えないと、物価の高いNYではお金が一気に吹き飛びます。。。(笑)

 

 

f:id:fkhrhtr:20170317232716j:image

 

こうやって絵を描いてる人がたくさんいました。みんなすごい上手。

 

冬のNYは寒い日が続くので、ゆっくりmuseumめぐりもありですね☝

 

NYに泊まるならここ!!


3/16にトータル1時間40分おくれでNYから日本に帰ってきました、ほたるです。

到着予定21じの時点で遅いのに、そこからまた遅れちゃうんだもの。電車ギリギリ。
終電で帰宅してあったかいお風呂に、納豆ご飯と肉じゃがを食べて、日本すてき。

 

さてこの春休みは、
16日間アメリカ(NY、BOSTON)とキューバを旅してきました。


その時にお世話になったNYの宿を今回は紹介します。


①the LOCAL NYC

f:id:fkhrhtr:20170317220249j:plain

 

クイーンズにあるこのホステルに3泊お世話になりました。

thelocalny.com

 

私は、female 4bedのドミトリーに泊まりました。

二段ベッドが2つ。
その下に1人ひとつ、大きなロッカーが用意されています。

(フロントでお願いすると、南京錠を貸してくれました。これで安心!)

 

お部屋にバストイレがあって、どちらも清潔感がありました。

しかもちゃんと別になってるんです!!!(バストイレ別って、感動しません?笑)

フロア共同のバストイレもありましたが、私は部屋のバストイレしか使っていないので、そっちの状況はあまりわかりません。(笑)

備え付けのシャンプーリンス等は無いので、持参しましょう☝️


1階のフロントにbarがあります。一般の方も利用できます。
checkinの時に、「1ドリンク券」を貰えて、それをbarに持って行ってドリンクと交換できます◎

f:id:fkhrhtr:20170317223013j:image


ちなみにアメリカではお酒は21歳から、なので20歳の私はお酒は飲めず…
夜の時間はアルコールのドリンクしかないよ、と言われたので朝の時間にホットコーヒーを貰いました。うま!

 f:id:fkhrhtr:20170317222917j:image

 

共有スペースではPCも自由に使えますし、

誰か日本人が寄付したのであろうNYの「地球の歩き方」も置いてありました!

 

1回5$で洗濯機も利用できます。乾燥までしてくれる。

(私はバケツ持参で手洗い派だけど。)

 

 

②International Student Residence(ISR)

f:id:fkhrhtr:20170317220733j:plain

 

こちらはブルックリンにある宿です。

私は、合計で6泊お世話になりました。

 

theLOCAL NYCよりも、ISRの方が宿代は10~15$くらい安かったです。

(たぶん時期によると思うけど。連泊するとさらに安い。)

 

female2bed

female4bedで2タイプのお部屋に泊まりました。

 

2bedの時は、幸か不幸かルームメイトがいなかったので、ひとりで2つのbedを占領していました(笑)

4bedの時は、ほかに2人ルームメイトがいたので楽しく過ごせました。

 

バストイレは、フロアで共同です。

シャワーが3つ(左側)、トイレが3つ(右側)こんな感じでありました。

f:id:fkhrhtr:20170317222927j:image

 

どちらも毎日掃除されていて、清潔でした◎

備え付けのボディーソープがここにはあります。シャンプーリンスは無いので持参☝

 

宿のすぐ前を電車が通っているので、多少雑音はあります。うるさいと寝られない人にはきついかも、、、(NYの電車は24時間走ってるので)

一応フロントで耳栓をfreeで配ってるので、それで耐えましょう!

私はどこでも寝れるので気づいたらいつも寝てたけど。(*´ω`*)

 

共用スペースには、ビリヤードや卓球台があって交流できるスペースもありました!

(私は見てただけだけど笑)

f:id:fkhrhtr:20170317224331j:plain

 

 

どちらの宿にも言えることは

◎部屋がしっかりカードキーでロックされていました!

(ドミトリーにカードキーとか存在しないと思ってた人←)

 

◎電車の駅もスーパーも近くにあるので安心。

theLOCALの方は、最寄り駅の近くにDunkin Donutsあるし

ISRの方は、マクドナルドあるし、チェーン店の裏切られないこの安心感(笑)

 

◎キッチンが使えるので、夜は自炊して節約&宿泊者と交流( ˘ω˘ )

毎日パスタつくってました。パスタソースがアメリカンサイズすぎて、とりあえず使い切るのに必死(笑)日本でちゃんと自炊してレパートリー増やそうって思いました。(白目)

 

どちらの宿も、マンハッタン島にはないので、少し郊外にはなるけど、電車に乗ったらマンハッタンまですぐ出れるし、

何より宿代が高いNYの中で底値の価格で泊まれるので、ぜひNYへ行く際は泊まってみてください♪